告白保留中にデートOKしてもらえる?気持ち揺さぶる誘い方教えます♡

freestocks-org-Y3wqowUQXnc-unsplash.jpg

みなさんこんにちは!



いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)



クリスマスが近くなってきましたね!


きらめくイルミネーション、寄り添う恋人たち・・・。


クリスマスは彼氏と過ごしたい!と告白した人も多いのではないでしょうか?


私の友達もその1人で、つのる思いを告白したみたいです。


しかし、答えは「ちょっと考えさせてくれるかな?」だったそうで。



「それってどういう事?脈ありなの?」


「返事待ちだけどアピールしたいよ!どうやってデートに誘ったらいい?」


と相談してきた彼女に、私が今までの経験と心理学の本を参考に、ためしてみて効果があった方法を話しました。


その方法をためした友達は彼をデートに誘い、見事OKしてもらうことができました!


そしてさらに!



晴れて付き合う事になったのです!


その報告をもらい、私も嬉しくて嬉しくて!2人で抱き合って喜びました!(^^♪


では私が友達に話した誘い方を、読者の皆様にだけ教えますね!



ぜひ試して、デートOKをもらってください!


付き合える可能性もグンとアップします!


"待機中"のモヤモヤ期間をなんとか乗り越えたい!過去に私が親友に教わったことを記事にしたこともあるので、良かったら読んでください♡




告白を保留にした彼の気持ちを考えよう!


まずはじめに、彼が告白を保留にしたのはなぜか考えてみましょう!


付き合えないと思ったら、すぐ断る可能性が高いです。


それをしないで保留を選んだ彼は、あなたの事を異性として見つめ、きちんと向き合いたい!もっと知りたい!と思っているからです。


OKだと思っていても、あえて保留にしちゃういじわるな彼もいるみたいですが(^-^;


もちろん脈なしの可能性も無いわけではありません。しかし、付き合える可能性は十分あります!


返事を待つ間、自分の存在を薄れさせないためにも、デートに誘うのは告白成功への確率アップにつながります!


自信を持ってアピールしてみてください!!



告白保留だけどデートに誘おう!直接がいいかな?メールやLINE?


私はメールやLINEで誘うことをオススメします。


彼との関係にもよりますが、直接言えるのなら直接でもいいです。


でも、告白したことでドキドキして空回っちゃうかもしれないし・・最悪は、思ってもない事を言ってしまったり・・・。


それは彼も同じです。


緊張して断られてしまうことになっては残念過ぎます!


メールやLINEのいいところは、好きな時間に言葉を選んで送れるということです。


告白すぐからグイグイ連絡したら彼もひいちゃうかもしれないので、様子をみながら連絡をとってみましょう。


デートOKにつながる連絡時間っていつ?



それはです!


朝のリラックスモードとは違い交感神経が多く働くので、自分では気づかないけれど軽い興奮状態にあります。



つまり・・大胆になれる時間なのです!


勇気が出ない人は特に、夜を味方につけてください。



私も、夜寝る前に送ったメールを朝になって見返してみたら、大胆すぎて過ぎて、おぉ・・・(・_・;)となった事が何回もあります(笑)


もしかしたら、彼も大胆なメールを返してくれるかも♡


そして夜は寂しくなる時間です。


あなたも夜に人恋しくなる事はないですか?


特に冬の寒い時、テレビでクリスマス特集なんかしていたら、恋人と過ごす暖かい夜を想像してしまいますよね!


そんな時にあなたから連絡がきたらどうでしょう?


あなたが恋人になったら・・・と想像してくれるかもしれません。


でもここで注意する事が一つ!



彼が寝ているかもしれない真夜中の送信はやめましょう!



迷惑ではない時間に連絡して、悪い印象を持たれないようにするのは基本ですよ!



告白保留中でもデートOKをもらえる心理テクニック


①「デート」を意識させない軽いノリで誘おう!


せっかくメールやLINEで送るのだから、堅苦しい文章はNGです!


たとえば「よかったら、〇月〇日にデートに行きませんか?お返事まってます!」のような文章だったらどうですか?


彼に「早く返事が欲しいのかな・・・?」と緊張させてしまいますよね。


デートと考えずにちょっと遊びにいきたいな!」という感覚で連絡してみましょう。


連絡を受け取る彼の気持ちを考えることがとても大切です!


②デートに誘う口実をつくる!そして頼ろう!


たとえば「ご飯食べに行かない?」と伝えるよりも「この前、美味しそうなラーメン屋さんを見つけたんだけど・・1人で入りにくいから、一緒に行ってくれないかな?」と伝えた方がOKしたくなりませんか?


他にも「弟の誕生日プレゼントを選ぶの手伝ってほしいなー!」とか「パソコン壊れちゃったから見てほしいな!」と彼を頼る誘い方がいいと思います。


彼によって文章は変わると思いますので、彼が得意なことで頼れそうな事があれば、それを口実に誘ってみたらいいと思います。



会話のヒントはこちらを参考にしてみてください♪




男の人は頼られると弱いものです!


③2択にして選んでもらおう!


ダブルバインドといわれる方法です。


セールスマンもよく使う、相手にOKさせるための心理テクニックです。


本来の目的(デート)をするのは決まっている事にして、違う選択肢を選ばせて目的をすりかえる方法です。


ちょっと難しいですね(・_・;)


具体的には「行く、行かない」ではなく「和食、洋食」どっちに行きたい?というようにどちらかの選択肢を選ばせて、自然にデートに誘う方法です。


イメージはこんな感じです。


私「寒くなってきたし、暖かいもの食べたくない?もつ鍋とか、ちゃんこ鍋とか、キムチ鍋とかラーメンとか!」


彼「ほとんど鍋じゃん!」


私「冬と言ったらお鍋だよね!でもラーメンも捨てがたいから、どっちか食べに行こうよ!」


どうですか?お鍋食べに行きたくなりませんか?(*^^*)


でも会話からわかるように、彼とけっこう仲良くないと使えないかもしれません。


こんなノリで誘えそうな人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


④小さなお願いから大きなお願いをしてみよう!


フット・イン・ザ・ドアという心理テクニックがあります。


小さなお願いを聞いてもらい、さらに大きなお願い(デート)を聞いてもらう方法です。


まず彼との会話の流れを想像しながら、デートに誘うまでの会話の道筋を作りましょう。


お願いの差がありすぎて、無理やりなのはだめですよ!


たとえば、こんな感じはどうですか?


私「パソコン教えてくれない?」


彼「いいよ~。」


私「そういえば、パソコン買い替えようと思ってて・・・一緒に見に行ってくれないかな?」


こんな感じで、ちょっとしたことをお願いしてみて、それに対して良い反応を得られたら会う口実にすることも出来る(^^)!



ちょっと頭を使う必要があるから、難易度は高め・・・。



⑤大きなお願いから小さなお願いをしてみよう!


今度はフット・イン・ザ・フェイスという心理テクニックです。


フット・イン・ザ・ドとは反対に、大きなお願いから小さなお願いをする方法です。


どういう事かと言うと、まず大きなお願いをして、わざと断られます。



次に小さなお願いをすると、罪悪感から小さなお願いをOKしてしまうというテクニックです。


ポイントは冗談っぽく大きなお願いをするという事です。


たとえばこんな感じです。


私「寒いからハワイに行こうよー(笑)」


彼「いやいや無理でしょ!(笑)」


私「えー、じゃあ温泉旅行で!」


彼「行かないよ~(笑)」


私「えー、じゃあお鍋食べに行こう!」


彼「それならいいよ~!」


こんな感じで、自分でもこの願いは厳しいだろうなと思えることから彼に伝えてみます。



徐々に、簡単に叶えられるようなお願いをすることで、OKをもらいやすくなりますよ♡



何回もお願いを重ねれば、それだけ効果は大きくなります。


彼との関係をよく考えて、自分のできる範囲で会話の流れを考えましょう!


まとめ


告白保留中の彼をデートに誘う方法として今回挙げたのは・・・。


・誘うのはメールやLINEがオススメ

・時間帯は夜が◎

・デートを意識させないように軽いノリで誘う

・選択肢を二択にする

・小さなお願いから大きなお願いをするか大きなお願いから小さなお願いをするかで、彼を誘う口実を作る!



これさえ出来ればデートOKの可能性は、かなり高まると思います!


しかし返事を待っている間は焦ったらだめですよ!


あくまでも彼の気持ちを考えて優先する気持ちが大事です!


それでも彼がOKしてくれない事もあるかもしれません。


そしたら、ここでまたアピールチャンス!!


そこは素直に引き下がり、さりげなく体調を気遣うなど彼の事を最大限に考えた言葉を送りましょう。


そしたら、自分のことを理解してくれる子なんだな・・付き合いたいな!と思わせる事ができるかもしれません。


返事を待つ間、自分の存在を薄れさせないためにアピールしつつ、こちらを読みながら自分磨きをしておくことも大事ですよ(*'ω'*)





いい返事がもらえることを祈ってます♡


最後まで読んでいただきありがとうございました!




この記事へのコメント