恋愛が気持ち悪いのはトラウマのせい?その理由と克服方法とは

upset-2681502_1280.jpg




みなさんこんにちは!




いつもお読みいただきありがとうございます(*^^*)




いつも恋愛についてお話しさせてもらってますが、読者の方の中には「恋愛なんて気持ち悪い!!」と思っている人もいるんじゃないでしょうか?




かく言う私も、過去の失恋がトラウマになって恋愛が嫌になってしまった過去が・・・。




詳しくはこちらをご覧くださいね。

自分史上最も辛かった失恋。大好きでたまらない彼には衝撃の秘密が・・・


フラれたトラウマから恋愛恐怖症に。そんな私が克服できたワケとは




「恋愛するなんて気持ち悪い」そう感じてしまう人の中にも、ふと恋がしたくなったりすることもあると思います。




私も「恋愛なんてもうこりごり!」という時期と「素敵な恋がしたいな・・・」という時期を繰り返してました(^-^;




そこで今回は、恋愛が嫌になってしまう原因や、素敵な恋愛にたどり着くための克服方法をご紹介します。




恋愛が気持ち悪いと感じる理由

girl-2096998_1280.jpg




過去に恋愛や男性絡みでひどい目にあった

・恋人に浮気された


・ひどい振られ方をした


・DVやモラハラを受けた


・ストーカー被害にあった



など、直接的に嫌な気持ちになる出来事があると男性不信に陥ったり、恋愛に尻込みしてしまいがちです。




私も恋愛で嫌な思いをした一人なので、気持ちは痛いほどわかります(;_:)



信じていた人に裏切られるのは、想像よりもっと苦しいものですよね・・・。




一度辛い過去を経験してしまうと、恋愛への一歩を踏み出すのが難しくなってしまいます。



過去に恋愛に関わることがなかった

恋愛経験が少ないと、ドラマや小説のイメージばかり膨らんでしまいがちです。




そうすると恋愛している自分を主観ではなく、客観視してしまって気持ち悪くなってしまうことがあるんです。




私もたまに「なんであんな恥ずかしいこと言っちゃったんだろう~(/Д\)




ってなることがあるんですが、それが酷くなると「うわ、あんなことするなんて自分気持ちわるっ」ってなってしまったり、相手に対しても「何くさいセリフ言ってんの?」ってなってしまったりするんです。




もっとひどくなると公園でいちゃついてるカップルを見るだけで「何あの恥ずかしい人たち」って感じてしまったりして、どんどん恋愛から遠ざかってしまいます。




家庭環境にトラウマがある

父親が母親に暴力を振るったりひどいことをしていたなど、家庭環境にトラウマがあると恋愛にいいイメージが持てません。




さらに恋愛に嫌悪感を抱いてしまうこともあります。




また、父親や母親が恋愛に対して潔癖すぎる考え方だと、小さいころから「恋愛って良くないことなんだ」と思い込んでしまい、自身も恋愛に対して潔癖になってしまうこともあります。




女性として見られることに嫌悪感を感じる

意識していない人から性的な目で見られることが気持ち悪くて、恋愛が嫌になる人もいます。




コンプレックスがあって自分を否定してしまっている人も、好意を寄せてくる男性を嫌ってしまったり。




「こんな私を好きになるなんて気持ち悪い」と相手に嫌悪感を抱くことも。




私の友達に美人で、特別派手な装いをしていなくてもなんだかすごく色気がある子(壇蜜さんみたいな感じ)がいるんです。




学生時代はそうでもなかったらしいですが、社会人になってから“性的な目”で見られることが急激に増えたらしく、「愛人にしたい」と言い寄ってくるおじ様方に嫌悪感を抱き「男が心底気持ちが悪い」とすっかり男性嫌いになってしまったようです・・・。




女性として見てもらえるのはありがたいことですが、あからさまな“性的な目”に嫌悪感を持つのも無理はないです。




世間の恋愛論についていけない

「恋人がいないなんてかわいそう」「恋の喜びを知らないなんて人生損してる」みたいな、いわゆる“恋愛至上主義”の風潮ってありますよね。




そんな“恋愛至上主義”についていけなくなると、だんだん「恋愛なんてくだらない」と感じ始めるように。




今のご時世、趣味に生きても、仕事に生きても、幸せならそれでいいと思うんです。




でも周りから「恋をしないなんて」と言われたら、反発したくなる気持ちもわかります。




新たな恋愛をするためのトラウマ克服方法

everton-vila-zOxYem4n4h8-unsplash.jpg




恋愛の先入観を捨てる

先ほども書いたように、ドラマや小説、周りの“恋愛至上主義”の影響で「恋愛をしたらこうあるべき」という先入観を持ってしまいがちです。



それをまずは捨ててしまいましょう!




「恋をしなきゃ」なんて考える必要もなし。




恋愛は十人十色!




いろんな形の恋愛があってOKだと考えると、グッと恋愛のハードルが下がります。




あなたらしい恋愛を見つけてみましょう(*^^*)




男性というものを知る

以前私がしたように、トラウマを乗り越えるには仲のいい男友達から男性に慣れるのも手です。




男性に免疫がない人は出会いの場に出向いて、どんな男性がいるのかを見てみるのもオススメ。




すぐ「気持ちが悪い」と男性を拒絶するのではなく、世の中にはいろんな男性がいるということを知ると男性への嫌悪感も和らいできますよ。




男女問わず人の長所に目を向ける

恋愛が気持ち悪いと感じているのに、すぐ恋をするというのは至難の業。




まずは、相手を男性として見るのではなく、一個人として長所に目を向けてみてください。




人として好感が持てる部分を知ると、気持ち悪さをだんだん感じなくなります。




もしかすると仲良くなる過程で「この人素敵だな」と感じて、自然と恋愛感情を抱くようになるかもしれません♪




友だちののろけ話を聞く


恋愛が気持ち悪いと感じている時は恋愛の良さを忘れてしまっている時でもあります。




友だちからほほえましい話を聞いたり、幸せそうな様子を見ると「恋愛っていいな」と感じることができるかもしれません。




愛することの喜びや彼の素敵なところを聞いたら、恋愛や男性へのイメージがだんだんと良いイメージに変わっていきます。



自分から積極的に彼のいいところや、楽しいデートの話を聞いてみてください♪



自己肯定感を高める

自己肯定感を高めることはとっても大切!




自己肯定感っていうのは「自分は大切な存在なんだ」と思う気持ち。




自己肯定感が高くなれば、男性からの好意を素直に受け止めることができたり、恋愛してる自分を気持ち悪いと感じることも減ってくるはずです。




理想のカラダを目標にダイエットに励んだり、メイクを変えてみたり、好きな趣味をとことん突き詰めてみたり。




コンプレックスをなくして、自分の得意分野を磨いて、自分を認めてあげましょう!




自分に自信を持って、恋愛に前向きになれるといいですね(^^♪




無理に変わろうとしなくてOK

jean-gerber-XTbDCZwolgY-unsplash.jpg




恋愛に興味がない時は、無理に変わろうとしなくてOKです。




恋愛をするかしないかは個人の自由!




しなくても何も問題なし!




「恋がしたいのに気持ち悪いと感じてしまう」と自己嫌悪に陥る必要もありません。




充実した日常を過ごすうちに気持ちに変化が生まれたり、信頼できる男性と出会ったり、時間が解決してくれることもあります。




特にトラウマがあると、なかなか前に進むことが難しくなるもの。




無理に新たな恋を見つけようとするのではなく、恋愛がしたいと思える時がくるまで待ってみるのもいいかもしれません。




さいごに

riki-Neiy9IkHUkk-unsplash.jpg




恋愛が気持ち悪いと感じる原因は、過去の恋愛だったり、家庭環境だったり、コンプレックスだったり、様々です。




恋愛の先入観を捨てたり、男性を理解しようとしたり、自分磨きをしてもなかなか変わることはないかもしれません。




でも、誰しも未来の可能性は無限大!




今、「恋愛が気持ち悪い」と感じていても、いつか心から「恋がしたい」と思うかもしれない。




恋愛から離れることは決して逃げてるわけではないんです。




いくつか克服方法を挙げましたが、あくまで参考に、自分のペースで自分だけの恋愛を見つけていってくださいね!




こちらの記事もぜひ読んで頂きたいです♡

失恋で人は成長する!辛い失恋から前向きに立ち直る方法って?


恋愛が怖い!不安や悩みを解消して楽しく恋ができる秘訣とは!?




最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)




TOPへ戻る


この記事へのコメント