愛される結婚と愛する結婚。幸せになるため本当に大切な事は?

shardayyy-photography-113795-unsplash.jpg

いつもご覧いただきありがとうございます。




先日友人数人とお酒ありのご飯に行った時のこと。




「ねぇ~愛されるのと愛するのどちがいいの?どっちが長続きする?




と半分酔っぱらいながら1人の友人が話し始めました。




なんでも彼女は失恋後、最近気になる男性が2人いるのだとか。




なんて贅沢!!笑




じゃなくて(^_^.)よくよく聞いてみると・・・




一人は、人当たりが良くて友人も多く彼を狙っている女性も多い、いわゆるモテ男。




「誰にでも優しいけれど2人で会っている時は優先し優しくしてくれるのを感じれる。彼女はいないらしいけど、どちらかというと彼を追いかけてる恋愛という感じ!」




もう一人は、初めは全然意識していなかったけれど彼からのアプローチがすごいとのこと。




「優しいし、大切にしてくれるのが伝わってくる。もしかしたら、結婚するならこういう大切にしてくれる人の方が幸せになれるんじゃないかって最近思うようになってきたの・・・」




「勿論どちらにせよ、上手くいくかなんて今のところ分からないけれど、愛されるのと愛するの、特に結婚となるとどちらが正解?幸せになれる?って考えるようになっちゃって・・・ねぇみんなはどう思う?」




う~ん・・・確かにその問題は悩むね(-"-)




『私は愛する結婚かな』

「私は愛される方かな」




ん?なんと既婚者の友人たちの意見も真っ二つ!!




簡単に例えるとすると、"追う側"と"追われる側"。



つまり、追いたいか追われたいか・・・ということと少し似てますね(^^)



今回は愛する結婚と愛される結婚の特徴を友人たちの意見をまとめてみました。


愛する結婚って、こちらだけが愛すわけじゃないんです

wedding-3654577_640.jpg 


「私は私からアプローチしたし、付き合う時も結婚の時も私から切り出したよ」




おっとこまえ~!!




いやいや・・・男前過ぎません?




「やっぱり気になったら自分からいかなきゃね!自分の幸せは自分でつかみにいくの!」




友人に惚れそう。




この友人はすご過ぎですが、確かにそれは一理ありますよね。




待っているだけでは幸せは落ちてくるものではないし、自分の人生の選択、最終判断は自分すものね。




「でも、確かに私の方が好きかなって思ってるけど、追いかけてるばっかりでもないよ!今は横に並んで歩いてる感じかな~」




『そのココロは?』




「だって結婚をOKしたのは彼だよ?嫌いな人と生涯共に過ごそうと思わないでしょ!」




なるほど~。




「今は愛されてる感もあるから心配もないかな!スタートは愛する恋愛だったけど夫婦になって愛して愛されてる感じ?」




しっかりのろけもいただきました♡


愛される結婚が幸せ!と言われるけれど・・・

michelle-jimenez-500910-unsplash.jpg


「私は逆に彼からのアプローチから始まったかな~」




続いて彼からのアプローチ、愛される恋愛から始まった恋をした友人。




「でも私も彼のこと気にはなっていたんだよ!ただ初めは彼からの熱量がすごくて戸惑った覚えがある・・・」




このセリフだけでも友人が猛烈に愛されている感じが伝わってきます。




「付き合うまではアプローチもフォローも優しいのに付き合いだしたら急にトーンダウンする男の人もいるけど彼はそうでもなかったかな!」




いますよね・・・付き合いだしたら冷たくなるというかテンションが急に覚めるひと。

彼氏があっさりしていて不安!気持ちを知るためにやるべきこと




「今でこそ落ち着いてるけどね(^^)でも変わらず愛されてる感はあるよ!」




よく、女性は愛される方が幸せになる・・・なんて言う人もいますが、その通り幸せそうな友人。




「確かにうちは彼からのアプローチで始まったけど・・・さっき話しに出けど付き合うOKしたのも私だし結婚を決めたのも私。嫌いな人と生涯を共にしようと思わないっていうのは共感だな~」




「付き合う前と変わったことは今、私の気持ちが彼に負けないくらい好きってことかな!」




はい。こちらものろけ頂きました♡


一体幸せな結婚ってどういうの?

daniel-suarez-photography-108213-unsplash.jpg


彼女たちの話しを聞いて考えながら帰宅しました。




2人ともスタート時は「愛する方」と「愛される方」で違いはありました。




でも彼と歩んでいくにつれ、結婚を決めたときには表現の仕方には差はあるものの、お互い向き合い、お互いを大切にしているということ。




「彼からも愛されている感がちゃんとある」

「負けないくらい彼が好き」




そう感じているから彼女たちはうまくいっているのかなと感じました。




勿論「好き」だけで結婚を決めたわけではないかもしれませんが・・・

結婚を決断した瞬間と決めてとは?男女に共通する理由はこれでした。




夫婦のカタチはそれぞれ。




性格や時には年齢や環境によって違いはあると思いますが、【どっちが】というより【お互いに】向き合えたとき幸せな結婚がスタートさせることができるのではないでしょうか。




「愛している」から相手にも同じように求める。

「愛されているから」大丈夫とタカをくくる。




そうではなくてお互い思いやることが大切なんだなと改めて感じた日。




私も旦那さんに「好き」をちゃんと伝えていこうと思いました♡(調子に乗らせない程度に・・・(笑))




以前「好かれて結婚」と「好かれて結婚」のメリットデメリットを綴った記事も書いています。

好きで結婚?好かれて結婚?幸せな結婚生活のために大切なこと




是非参考にしてみてくださいね♪




最後までお読みいただきありがとうございました♪



TOPに戻る

この記事へのコメント